• ホーム
  • トレチノイン・ハイドロキノン併用療法についてご存知ですか?

トレチノイン・ハイドロキノン併用療法についてご存知ですか?

今、美容家や美容業界でも注目されているアンチエイジングの方法に、トレチノインとハイドロキノン併用療法があります。特にシミやしわはエイジングサインの中でも気になるものですし、日々のスキンケアも重要ですが対策はいろいろあります。

紫外線を浴びることで、肌では防御作用が起こりメラニン色素が分泌されます。このメラニン色素が蓄積されて肌に現れた物がシミですが、日焼け止めを使って紫外線をカットしたり、美白化粧品を使ったりすることで予防ができます。一年を通して紫外線はありますので、夏場だけではなく一年を通して日焼け止めを使う事が重要です。美白化粧品には、メラニン色素分泌量を減らす成分が配合されていますので、予防効果は高いです。しかしどちらもできてしまったシミに対しては効果がありません。

そこで根本的なところで働きかける事ができるのが、トレチノインとハイドロキノンを使った併用療法です。トレチノインは酸ですが、これを洗顔後にスキンケアを行った清潔な肌に塗布する事で、古い角質を剥がし新しい皮膚に生まれ変わらせるというターンオーバー効果が期待できます。人間の肌は約28日周期で古い角質が剥がれて新しい皮膚に生まれ変わりますが、年齢を重ねたりホルモンの乱れ、また生活習慣が荒れていたりストレスによってそれが正常に行われなくなることがあります。強制的にターンオーバーを行うことで、シミの原因でもあるメラニン色素も老廃物とともに排出されます。

そこで併用したいのがハイドロキノンです。ハイドロキノンには漂白作用がありますので、できてしまったシミでも薄く目立たなくすることができます。角質が溜まったところでハイドロキノンを塗布しても効果が半減してしまいますが、トレチノインを使ってターンオーバーさせる事でより患部に浸透しやすくなるメリットがあります。

トレチノインを使った場合、角質とともに皮膚が剥がれたり、ピリピリしたりという副作用が起こる事もあります。皮膚がめくれるのは薬がよく効いている証拠ですので気にすることはありません。しかし副作用が強く出てしまったり、アレルギー反応が起こって炎症を起こしたりしているときには、使用を中止して医療機関を受診する事をおすすめします。

患部は乾燥しやすくなりますし、洗顔後しっかり保湿剤を使う事も重要です。さらに保湿剤だけではなく、紫外線の影響も受けやすくなるため、日焼け止めは毎日使って紫外線対策を行っていきましょう。

関連記事
美肌治療の薬【ハイドロキノン】って何? 2020年04月02日

美容業界で今注目されている医薬品の一つに、ハイドロキノンクリームがあります。特にシミが気になる方には必見です。このハイドロキノンクリームには高い漂白作用がありま...

美肌治療の薬【トレチノイン】って何? 2020年02月22日

美肌におすすめの薬、その使い方について詳しくみていきましょう。美容業界や美容家の間でも注目されている医薬品に、トレチノインというものがあります。高い化粧品を使う...

シミや小じわが気になる・・・美肌治療の薬 2020年01月16日

年齢を重ねて肌に変化が出てくることを、年齢肌のサインともいいます。この年齢肌のサインには、しみや小じわ、毛穴の開きによるたるみなどさまざまな物が挙げられます。基...

バストアップのオススメグッズもあります|育乳グッズ 2019年11月15日

バストアップのためにできる事はいろいろありますが、育乳のためのグッズにも注目です。使っているだけで、また飲むだけでそれが実現できますし、楽に始められるというのが...

美肌のポイントは洗顔にあります 2019年12月20日

美肌ケアのポイントは、とにかくその日の汚れはその日のうちに落とす事です。しかし汚れを落とす事に集中してしまい、ごしごしと力を入れてしまったり、肌に合わない洗顔料...